麻雀共同体WW(ダブル)

関西・大阪中心の競技麻雀のプロ団体

プロリーグ前期第2節レポート

calendar

どうも!
裏ドラが乗らないことに定評のある岸野が2021前期第2節のレポートを担当しております。

1節目で中田・高根が大きくプラスにし、他はマイナススコアと、早くも考えることが多いリーグ戦となりました。

一回戦
中田・北山・穂村・酒井

中田が場を終始リードし効果的なアガリを随所に決めてきれいにトップ。

二回戦
中田・穂村・酒井・岸野

ここでも中田が開局の親で大物手を決めて大きくリード。
そのリードを持ったまま中田がトップでゴールイン。
私はほとんど何も出来ないままラスでスタートしてしまう。

三回戦
穂村・岸野・北山・酒井
開局から私を含めて3人がリーチ!
先手を取ったが瞬く間に追いつかれ苦しい展開に。
しかし安牌に窮した北山が切った自風の西が御用。

333789m西西中中白白白
安め裏無しでは8000まで。
ちなみにネタバレになりますが私の見せ場は以上になります(笑)

開局でリードをしたものの、穂村が偶発役を味方に一気に大きくリード。
南場の親で追い上げたが終わって見れば穂村は大トップ。
一半荘で一発3回、裏ドラ7枚はやりすぎではなかろうか、穂村君。

四回戦
中田・岸野・北山・酒井

中田が開局の1300オールからそのまま少しずつ点棒を集めていき、気が付けば50000点に。
しかし事件がオーラスに起こる。
私と酒井が100点差でラス争い。
酒井が親の為やや有利にラス回避出来そうだ。
変則模様の酒井から先制リーチが入り、仕方なく役無しのカンチャンでツモ切りリーチ追いかける私。
しかし、北山が切った3枚目の北が一発で放銃になる。
裏も乗って酒井は24000のアガリ。(リーチ一発チートイ表表裏裏)
このアガリで2着目だった北山と酒井の着順が入れ替わる。
一気にトップへ迫る酒井だったが中田がしっかり逃げ切り3連勝中となった。

五回戦
北山・中田・穂村・岸野

東一局にリーチ棒を込みした加点をするも、中田のツモ切りリーチに捕まってからは何も出来ず。
オーラスは僅差であったが仕掛けた穂村がアガリきり2着。
この日中田はWW史上初となるリーグ戦での4連勝を飾った。

別卓では第1節でプラススコアの一人である高根が4連帯でさらにスコアを大きく伸ばした。

早くも決定戦への椅子が一つになってしまった様相ではあるが、なんとかその一つの椅子を得られるよう残り12半荘で巻き返したい。

folder Winner's Cup(ウィナーズカップ)

【2020年度】Winner’s Cup
【2019年度】Winner’s Cup
【2018年度】Winner’s Cup
more...

folder プロアマAuバトル

more...