麻雀共同体WW(ダブル)

関西・大阪中心の競技麻雀のプロ団体

プロリーグ前期第1節レポート

calendar

2021年度前期プロリーグ1節目のレポートを担当させていただく高橋です。
僕は今年3年目で、3位・6位・6位・3位と
ここ2年の成績は不甲斐ない結果に終わってしまってますので、
「何としてもAリーグにあがる」を目標に頑張りたいところです。

レポートはBリーグ1卓の模様をお届けします。
対局者は、山本、高橋、下野、坂本、水口(敬称略)

1回戦
起家から、水口、坂本、山本、高橋

東1局
良形のイーシャンテンのところから、水口に萬子を2枚フーロされ、
3枚目を前のめりに切った三が水口への12000点放銃スタート。
いきなりよろしくない展開から始まりました。

続いて東1局1本場
配牌はチャンタ三色が見える感じで、あっさり5巡目に以下の手でリーチ。
ドラ:三

一ニ三①②③123発発南南

一発はなかったものの、数巡後発をツモ。
ここで3000-6000は3100-6100と申告するが、全員申告を確認していたので、跳満あがりのまま進行。
次の局に移ってから、自分がドラの存在を忘れていたことに気付いた(正しくは4000-8000は4100-8100)。
こういうミスは失くすようにしないとと猛省。

東3局に山本が8000のアガリ、
南1局は水口が高橋から12000のアガり、
南2局に坂本が4000オール、
南2局2本場に高橋が8000は8600のアガリと高打点の飛び交う展開となる。

そのあとはオーラスで山本がアガってトップ、私は開局の放銃と誤申告が響いてラスに。

2回戦
起家から、坂本、高橋、水口、下野

東1局
下野が先行リーチをうち、坂本も追いかけリーチと、2軒リーチに。
坂本が数巡後引いて来た⑤がなんと水口と下野の両方からロンの声がかかる。
水口の頭ハネでタンヤオ、七対子、ドラドラの8000点

その後下野が水口からリーチ一発七対子裏裏で12000点あがり

南1局
坂本から先行リーチがはいるも、私も以下の手で追いかけリーチ。

二三四八八33445678

のメンタンピンでリーチをかけて、数巡後2をツモって裏が4で3000-6000のあがりを拾う事ができた。

そしてトップ目で迎えた南4局
ドラ:⑧

親の下野が3フーロで萬子のホンイツ模様
この仕掛けをケアしつつ粘りの仕掛けを入れる選択をする。
結果坂本に6400と放銃になるも、トップは死守出来たので自己評価としては及第点といったところだろうか。

3回戦
起家から、坂本、下野、水口、山本
私は抜け番だったので、勉強とレポートのために後ろで観戦。

東1局は水口が1000-2000をあがり好調なスタートを切った。

東2局下野の親番
水口が以下の手を先制リーチ。
ドラ:6

一二三四五③④⑤345東東

の高目三色リーチを打つも、親の下野も以下の手で追いかけリーチと出る。

⑤⑥⑥⑦⑧11234白白白

あがり牌の④を水口が一発で掴み、下野へ7700の放銃となった。

東2局1本場
親番下野がピンフでリーチ打つも山本の軽い仕掛けに放銃。

東3局下野が700-1300、東4局水口が坂本から3900とあがり、東場終了。

南1局
坂本が親リーチ打つも流局。
1本場は下野が役牌の仕掛けを入れファーストテンパイから待ちを変えてツモあがり。

南2局
坂本からリーチ入るも山本がダマテンツモでリーチをうまくかわしきる。

南3局
水口が以下の手をリーチ。
ドラ:1

二二四五九九九⑤⑥⑦111

次巡坂本から追いかけリーチ、山本も仕掛けを入れるが、
坂本が掴んだ六が水口と山本からロンがかかり、またも水口の頭ハネで12000のあがり。
南3局1本場は下野が軽い仕掛けからあがり、オーラスへ。

南4局
下野414、水口380、山本319、坂本87
と三者にトップがみえるところに、6巡目先に下野がダマテンのピンフから、同巡水口が先行リーチ。
すぐに下野が西を掴み、これをツモ切りリーチとしたが、
これが水口への2600の放銃となり、水口が逆転トップ。

4回戦
起家から、坂本、山本、高橋、下野

東1局は流局しての1本場、
ドラ:1
山本から⑧が出てチーして以下の手牌

11456①②③④⑤ ⑧チー⑦⑨

下野から⑥が出て一気通貫・ドラドラ3900のあがり。

このあと流局が続き、途中下野が1回あがるも、
その後の南入後も流局で、テンパイ・ノーテンで点数差が広がる。

南4局
オーラス

トップから山本、坂本、高橋、下野で迎えたオーラス。
わずか5巡で坂本が切った3を、山本がピンフ三色ドラ1の8000のアガリとし、
結果トップ山本、2着高橋、3着下野、ラス坂本に。

坂本は今日の不調を象徴するような2着順落ち。
この4回戦は山本1回、下野1回、高橋1回とあがり回数こそ少ないが、自分としてはラッキーな2着となる。

5回戦
起家から、高橋、水口、山本、下野

東1局
ドラ:一、カンドラ:6
起家だったので、ホンイツへ手を進めるが、山本も役牌を仕掛けてきて、さらに役牌の加カンがはいる。
手を進めていたところに5を切って山本へ8000点の放銃。
東2局も山本へ1300と連続放銃。このあと少し流局が続く。

南1局
ここはなんとしても加点が必要な場面だが、なかなか手が入らず。
水口の700-1300ツモであっさり南場の親も流されてしまう。

南2局は流局し、南2局1本場は高橋→山本へ2000は2300の放銃。

南3局
下野が先行リーチ。
一発と裏の3枚乗せがついて4000-8000のあがり。

いよいよ南4局オーラス。
点数的に着順アップは難しいので、少しでも素点取りに行こうとするが、
下野が水口に横移動の2000放銃で私のラスが確定して全5回戦が終わりました。

結果は4-1-2-4で▲50.1ポイントと、マイナススタートとなりました。
ミスのあったところを含め、反省点はかなりあるので、次節以降の課題として研鑽していきたいと思います。

次回は5月9日(日)に第2節が行われます。
次回以降も目が離せないプロリーグになると思いますので、今後の動向にも注目して下さい。

folder Winner's Cup(ウィナーズカップ)

【2020年度】Winner’s Cup
【2019年度】Winner’s Cup
【2018年度】Winner’s Cup
more...

folder プロアマAuバトル

more...