麻雀共同体WW(ダブル)

関西・大阪中心の競技麻雀のプロ団体

プロリーグ後期第4節レポート

calendar

2021年度後期プロリーグ4節目のレポートを担当させていただく沢崎です。
レポートはBリーグ1卓の模様をお届けします。

抜け番の為2回戦からになります。

2回戦
沢崎、姫路、下野、高橋

細かいアガりを重ねてを2着キープ。

3回戦
沢崎、姫路、高橋、板川

幸先よく2600.1000.2000と上がり流局などなどですぐにオーラスを迎え自身はトップ。
2着目の親とは800点差、3着目まで17000点差となっていた。

一五六379西西西白白発中 ドラ北

トップを取りに行くため、ここから白を仕掛けて発進。
その後手が変わる間なく親のリーチがくる。
3ツモってきてこんな牌姿に。

一五六3379西西西発 ポン白白白

ここで親のリーチに振ると3着目の点数が近づくため撤退。
結果、2600オールツモられ、8000点差を追いかける形に。
しかしながら次局は手が作れず、逆転することなく2着終了。

4回戦
沢崎、下野、高橋、板川

ラス目で迎えたオーラス、3着の親まで2400点差、2着まで9000点差。
満貫ツモ条件だが2着まで見える点数状況。
何とか聴牌にたどり着くが、
ドラ發
二二二⑤⑥⑦⑧⑨567西西
点数条件をぎりぎり満たさない可能性もあるが、もちろんリーチ。
直撃以外は見逃し予定で進めているとリーチ後にやってきたのは發。
捨てると発声が聞こえ、それは親のドラポンでした。
その瞬間にどこからでもアガろうとシフトチェンジし、自力で④ツモ、何とか三着に浮上。
アガったほうがいいのか判断の難しい局面でした。

5回戦
沢崎、姫路、下野、板川

調子振るわず、2万点を借りた状態で迎えたオーラス。
素点回復のため何でもアガりに向かおうと手牌を開けると、
ドラ七
七七七⑤⑥5699 南南 白発
これは「跳満を目指したい!」と欲が出て、「南は1枚目はスルーだな」と考えていたのだが、
8巡ぐらいたつも持ってこれたのはせいぜい7と8だけ。
そんな中かかった親のリーチを受けこんな手牌に。
七七七⑤⑥567899 南南 ドラ七
④⑦からでも仕掛けて聴牌取ろうと思って全ツを心に誓ったが、結局その2巡後に放銃となった。

次局の手牌
二三四五七①②②⑤⑦⑨579 ドラ7
これ何切るんですかね!?って聞きたくなった牌姿。
とりあえず「親の現物の⑨残したい、三色も見たい」で結果打9とした。
すると、上家から⑥が打たれてすぐさまチーして、タンヤオを見つつ打①
次巡に六をツモり、打二で聴牌とする(カン6待ち)。
この時考えていたのが、自分の河にソウズを9だけしか捨ててないので、
次に3持ってきたらドラの7を捨ててカン4待ちに変えるべきかとずっと考えていた。
ドラ表示間6よりも間4の方が上がりやすそうなのと、
ドラを捨てることでもしかしたら安いアピールをすることで差し込みの期待も出来るかもしれない…。
などと考えていたが、実際に3を引いてきたときには、結局ツモ切りに。
2~4巡後にカン6をツモり1000-2000で2万点借りたままゲームセット。

結果は2-2-3-4で▲56.8ポイントと、マイナスとなりました。
ミスのあったところを含め、反省点はかなりあるので、次節以降の課題として研鑽していきたいと思います。

folder Winner's Cup(ウィナーズカップ)

【2020年度】Winner’s Cup
【2019年度】Winner’s Cup
【2018年度】Winner’s Cup
more...

folder プロアマAuバトル

more...